top of page
検索

剣豪「宮本武蔵」が修行した伝説の滝を収録



「岐阜の水巡り」の注目音源といえば、やはりこの2種でしょう。


04.円明の滝「エフィカシー向上①」
05.二天の滝「エフィカシー向上②」

これらの滝こそ、剣豪 宮本武蔵が二刀流(二天一流)を編み出すために修行したと言われる伝説が残る滝なのです!



※宮本武蔵音源は、タイトル部分に武蔵アイコンが付いています。


下記に、サイトでも掲載している説明文を転載致します。


■剣豪 宮本武蔵が修行した伝説の滝​

宮本武蔵(1584~1645)は八百津・大仙寺に逗留したと伝えられている。剣の修行を積みながら13歳より各所で他流試合を行い一度も負けなかったと言われており、29歳の時に厳流島の決闘で佐々木小次郎に勝った後、剣術の鍛練だけでは得られない新たなる境地と兵法を極めるため、禅修行を行ったり幅広い教養を身につけていった。

当時、禅僧として高い地位にあった愚同国師(1577~1661)を京都の沢庵和尚より紹介され、国師が中興した八百津・大寺へと足を運んだ。そこには武蔵が座禅を組んだと言われる座禅石があり、国師に入門を請うために三日三晩を通して座禅をしたとつたえられている。

数々の他流試合、そして関ヶ原の合戦を筆頭に諸国の戦に参戦した武蔵は、やがて様の境地を極めるため諸国をめぐり歩きその真髄へと導かれていく過程で、当時、木曾西古道や木曾川をはさんで 東山道(中山道)そして黒瀬湊など、交通の要衝であるこの地を幾度となく訪れていたことは想像に難くない。

そして、武蔵が修行のために打たれたという五宝滝に隣接する「円明の滝」「二天の滝」は、武蔵の名乗った円明流・二天一流にちなんで名付けられた滝である。


■剣豪 宮本武蔵が持つ天下無双のエフィカシーを感じる

天下無双のエフィカシーとはどのようなものでしょうか?450年以上もの時間と空間を超えて、今でもその武が語り継がれている天下無双の剣豪 宮本武蔵です。当然のことながら、至高のエフィカシーを持っていたことには疑いの余地はないでしょう。


この宮本武蔵が修行した伝説の滝のサウンドを、そのままに切り取ってお届けします。


目を閉じれば、宮本武蔵が体感していたであろう滝の水音を、時間と空間を超えて追体験できるでしょう。この音源は、宮本武蔵が持っていたであろう天下無双のエフィカシーに思いを馳せ、それを感じ取るための最適なツールとなるでしょう!


その効果はもちろん、エフィカシー向上です!是非とも、皆様のエフィカシー向上のツールとしてお役立てください。


最後に余談ながら、滝の音は苫米地博士のスペシャルな奇跡のノイズをミックスしやすいという利点があります。当然のことながら、制作段階でノイズが想定より強力にMIXされることは想像に難くないことでしょう!



2024年1月1日(月)〜2024年2月2日(土)迄の早期購入価格と特典をご用意しています。FS™ がお得にご購入頂けますのは、この早期購入特別価格の期間限定となります。お見逃しなきようお願い致します。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page