top of page
検索

現代の滝行は、FS™ 超自然環境音源でどうぞ。

更新日:1月21日



「岐阜の水巡り」は滝のサウンドが豊富に収録されています。それらはすべて、立体音響としてレコーディングされています。


この立体音響に対して臨場感を最大限に高めていくと、まるで滝の中に居るかのような感覚に包まれていく。


それは、さながら「現代の滝行」と言っても過言ではない崇高な試みなのです。


ここで滝行とは、どのようなものであるか触れておきましょう。


「滝行は、日本の伝統的な精神と身体の鍛錬法です。この行為は、滝の水流を全身に受けることにより、畏怖や畏敬の念を持って神仏や諸霊に近づくことを目的としています。滝行を行う者は、これによって様々な利益を得ることを望みます。これには、心身の浄化、精神的な解脱、霊的な力の獲得、活力の向上、悩みの解消、武道やスポーツでの技能向上などが含まれます。

歴史的に見ると、滝行は古い時代から日本に存在していました。『古事記』や『日本書紀』には、禊(みそぎ)としての滝行の様子が記述されています。奈良時代には、修験道の開祖とされる役小角によって全国に広まりました。修験道では、水行や滝行が重要な修行方法の一つとされていました。明治時代には、川面凡児などによって禊が復活し、再び行われるようになりました。

特に有名なのは、那智滝で行われた滝行です。那智滝は、多くの修行者によって用いられた48の滝の総称であり、ここで多くの修行者が修行を行いました。例えば、裸形上人や生仏上人、花山院、文覚などがここで修行したとされています。

文化的にも、滝行は日本の山岳信仰と深く関連しています。密教や修験道、神道の禊、仏教の垢離など、多くの宗教的行為の中で重要な位置を占めてきました。

現代では、スポーツ選手のトレーニング、企業の新人研修、さらにはテレビ番組やYouTubeでの滝修行の紹介など、様々な形で広く知られています。これらの例は、滝行が単なる宗教的儀式を超え、広範な文化的影響を持つものとなっていることを示しています。」


滝行には、冷たさや水圧などに耐えながら煩悩を取り払い、無の境地となって心を静寂にする効果があるとされています。


しかしながら、これには一定の苦痛に耐える必要がある上に、実際に滝行ができる現場まで足を運び、装束に着替えて滝行のチュートリアルを受ける…などなど、実際にこれらのハードルはとても高いものです。


■時間と空間を超える FS™ を使った滝行のススメ


FS™ なら「滝の水の冷たさとその衝撃に、やがて身体は何も感じなくなる…」といった類のフィジカル部分のプロセスは必要ありません。


その音場への臨場感を高めたその瞬間に、身も心も滝の音に包まれて真の静寂が訪れるのです。



時間と空間を選ぶことなく、たった5分間の時間があれば、大自然に鳴り響き落ちる滝の中で過ごす最高のメディテーションタイムに没入することができるのです。


ある意味では、オフィスでも、カフェでも、公園でも、お部屋でも、入浴中でも…いつでも、どこでも、一瞬で別の次元に移動することができると考えて良いでしょう。


・5分間あれば即滝行が可能

・時間と空間を選ばない

・面倒な事前準備や苦痛は必要なし


いかがでしょうか?


メリットしかないとは、まさにこのことでしょう。


あなたは大自然の水音の世界に入り込み、滝音がもたらす極上のリラックス状態の中で至福の時を過ごすことができるでしょう。


さあ、あなたも FS™ が誇る極上の音源ファイルをインストールしてください。それだけで、時間と空間を超えたサウンドによる滝行が手に入るのです。



2024年1月1日(月)〜2024年2月2日(土)迄の早期購入価格と特典をご用意しています。FS™ がお得にご購入頂けますのは、この早期購入特別価格の期間限定となります。お見逃しなきようお願い致します。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page