検索

気持ち良く、ウネる。Lo-Fi BASS GROOVE‼




FS™ Lo-Fi Beats for Chill Out & Relax のサウンドは、ベース・ラインが気持ち良いと思いませんか?


それもそのはず、超低音までを鳴らし切るスピーカーによって設計された、ネットリとした粘質で、太く重たいベース・ラインは、FS™ Lo-Fi の最大の特徴のひとつなのです。


このベース・サウンドの音作りには、並々ならぬこだわりと微調整が繰り返されています。足しては引いて、変えては戻り…ようやく辿り着いた理想的なベース・サウンドは、とても気持ち良くウネリます。



最近の Bluetooth スピーカーなどは、コンパクトながらも低音再生が素晴らしいものも多いですね。例えば、ベースの場合50〜数百hz近辺がいわゆる「低音」にあたりこの成分が多く鳴っていますが、それ以外の倍音も一緒に鳴っています。その辺をうまく利用して低音を再現しているのでしょうか。


FS™ Lo-Fiのベース・グルーヴを思いきり堪能するためには、できれば「60Hz以下」も綺麗に鳴らせるようなシステムでのリスニングが好ましいです。


FS™ Lo-Fiのベース・サウンドは、全曲に渡って展開されています。他の楽器パートとは異なり、すべての曲に渡って、唯一同じサウンドで展開されているのです。


是非、そのポイントに着目して下記の動画を聴いても見てください。すべてのベース音が統一されていることに気づかれることと思います。





ベースが気持ち良い曲を聴いてしまうと、そうでない曲が物足りなく感じてしまいます。ベースは、その名の通り楽曲のグルーヴを作る「基礎」なのです。


FS™ Lo-Fi Beats for Chill Out & Relax のベース・サウンドは、全曲に渡って同じ音色、同じ音量で展開されています!


だからこそ FS™ Lo-Fi Beats for Chill Out & Relax のサウンドは、次の曲に変わることよって物足りなく感じるようなことがありません。


つまり、曲が変わったことを気にするような意識のリソースを、使わせないようにしているということです。


これが、作業用BGMとして最高のパフォーマンスを発揮することができる確固たる所以なのです。


FS™ Lo-Fi Beats for Chill Out & Relax のベース・サウンドに酔いしれてみてください。どうしても「60Hz以下」を綺麗に鳴らしきるサウンドシステムが用意できない場合は、やはりヘッドフォンが良いでしょう!




低音を美しく再生・再現できるヘッドフォンさえあれば、 FS™ Lo-Fi Beats for Chill Out & Relax のベース・サウンドを感じることができるはずです!


そして、あなただけの抽象世界が、目の前に展開される感覚を身につけてください。そこは、あなただけのサンクチュアリです。


どこにいても、どんな場面でも、その世界で、心の底からリラックスしている自分を引き出せることができたなら、どんなに素晴らしいことでしょう!

0件のコメント

最新記事

すべて表示