検索

時代を超えて輝く「普遍的な美」の追求。



FS™ Lo-Fi Beats for Chill Out & Relax の曲調は、ローファイ・サウンドにデザインされています。


再度、「Lo-Fi(Low-Fidelity、Lo-Fi music)」について、Wikipedia の内容を転載します。


「Lo-Fi(Low-Fidelity、Lo-Fi music)とは、音楽のレコーディングの際の録音状態、録音技巧の一つで、極端に高音質なものではない録音環境を志向する価値観。転じて、そうした要素を持った音楽自体を表す言葉。対義語は Hi-Fi。」


しかし、これはあくまでもサウンド・デザイン上の話であり、音場をローファイ・サウンドにディグレードしているということではありません。ベースとなる音場は、最先端のロスレス・サウンド・クオリティそのものなのです。


これを、解りやすく捉えるために、いつくかの例をご紹介したいと思います。




これはオメガの2021年の新作の Seamaster 300 Co-Axial Master Chronometerという時計です。


現代の最先端の技術を総結集しながら、ヴィンテージ・モデルの雰囲気をセンスよくオマージュしたデザインです。またたく間にファンの心を掴み、愛好家たちに時代を超えた普遍的なプロダクトとしてコレクションされています。



こちらは GRAMOVOX という Bluetooth スピーカーです。


1900年代初頭頃に使われていたホーンを搭載した蓄音機のヴィンテージな外観と、ホーン形状のサウンド増幅機構を、現代の先端技術である Bluetooth スピーカーと組み合わせています。なんとも味のあるサウンドを持ちながら、バッテリー駆動で置き場所を選ばないという素晴らしいプロダクトです。


これらの例は、いずれもハイテクな技術をベースに、ローテクなデザインを採用し、時代を超えた普遍的なプロダクトへと結晶させています。


これらの例と同じく、 FS™ Lo-Fi Beats for Chill Out & Relax は、ローファイ・サウンドにデザインされていますが、ロスレスの最先端技術による音場をベースに、その上でローファイなサウンドを採用しているということです。


つまり、FS™の機能音源ノイズは、完全なる最先端の技術によるロスレス・サウンド・クオリティ(44.1kHz/16bit)にて皆様の耳に届くのです。


これらは、決して古き良き時代を美化するような、懐古主義への傾倒ではありません。むしろ、普遍的な美の追求であると考えます。


いつどんな時代でも、眩い輝きを放つ普遍的なデザインの形があります。それを、時代の最先端の技術に載せて結晶させるという、高尚な遊びであるとも表現できますね。


FS™ Lo-Fi Beats for Chill Out & Relax は、「ロスレス・サウンド・クオリティ」の「ローファイ・サウンド・デザイン」なのです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示