検索

「心拍数よりも、少し緩やか。」

更新日:1月12日




FS™ Lo-Fi Beats for Chill Out & Relax は、すべての曲が「BPM 60」に設定されています。


「BPM(Beats Per Minute)」とは、「分毎の拍」のことです。 楽曲におけるテンポの単位であり、また、心拍数の単位でもあり、1分間に心臓が拍動する回数のことを指します。


人の心拍数は、平常時でおよそBPM65~70ほどです。


つまり、FS™ Lo-Fi Beats for Chill Out & Relax で採用している「BPM 60」は、心拍数よりも、少し緩やかなビートとなります。


それは、聴く人にとって、ゆったりとした楽曲の印象になります。人は、数分も楽曲を聴き続ければ、楽曲のBPMに波長がシンクロしはじめます。


例えば、早いBPMで激しい曲を聴けば、それは興奮状態をもたらします。その逆も然り、ということです。


ゆったりとしたBPMは「落ち着く効果(リラックス効果)」をもたらしてくれます。


IQ向上をもたらす絶対条件として、リラックスすることが重要であること。これは苫米地英人博士の教えに、少しでも触れたことがある方であれば理解できることと思います。


これらの理由から、人の心拍数よりもスローであるということがもたらす効果がご理解いただけると思います。


FS™ Lo-Fi Beats for Chill Out & Relax は、常にプランニングが先にあり、その後で楽曲が制作されます。上記内容に従って楽曲が制作されます。なので「BPM 60」で統一されており、更に、構成も共通で楽曲が制作されているのです!


既にご購入頂いている方は、すべての楽曲が「4分56秒」であることに驚かれると思います。「BPM 60」で構成も共通で楽曲が制作されているので、すべての楽曲が「4分56秒」になるのです。


これは、非常に面白い試みです。


すべてが「BPM 60」で統一されていることは、下のプレビュー動画がよく現していますので、あらためて聴いてみて下さい。


この楽曲のスムーズなつなぎは、DJの腕ではなく(勿論センスは必要ですが…)すべてが「BPM 60」で統一されていることによる賜物なのです。



さあ、ゆったりとした時の流れに身を委ねてリラックスしながら、美しいひとときを心ゆくまで楽しんでください。

0件のコメント

最新記事

すべて表示