top of page
検索

コレクティブ・エフィカイシャスな世界へ。


FS™ Brilliant "Collective Efficacy"というタイトルからも、本作で重要なキーワードとなる「コレクティブ・エフィカシー」。


「コレクティブ・エフィカシー」という言葉が初耳という方は、今こそ新たな気付きが得られる貴重な機会です。是非ともリサーチしてください。


このタイトルに至ったのは、既に「エフィカシー」という概念とワードが世界に浸透し、FS™ も次の段階にすすむ準備が整ったと確信しているからです。


次の段階にすすむといっても、その聴き方はとてもシンプルです。今まで通りの聴き方に加えて「FS™ の音場からエネルギーを受け取り、また音場に還す循環のイメージを膨らませる」これだけです。


そして、更に抽象度を上げて、時空を超えてつながる「コレクティブ・エフィカイシャスな世界」にまで意識をイメージを拡張していきましょう。



FS™ の音源の効果に高い価値を見出す知性、それらを購入するための経済力を持つ人々は皆、既に高いエフィカシーを持っていると考えます。そして、そのような人々はこうしている今も、更なる高いエフィカシーを求め続けているはずです。


ここにコレクティブ・エフィカシーを見出すことができれば、無尽蔵のエネルギーにつながったといっても過言ではありません。


これに加えて、FS™ の音源パワーソースは、苫米地博士が持つ至高のエフィカシーによって生み出された FS™ 機能音源ノイズです。FS™ の音場には、もはや受け取りきれないほどに膨大なエネルギーで満ちていることがお解りいただけると思います。


さらなる高いエフィカシーを求め続ける人々だけが集う FS™ の音場、コレクティブ・エフィカイシャスな世界のエネルギーの循環につながりましょう。


詳細はこちらから → FS™ Brilliant "Collective Efficacy"

1件のコメント

最新記事

すべて表示

1 Comment


Naoki Obara
Naoki Obara
Apr 25, 2023

こんにちは。

今回も素晴らしい作品をありがとうございます!


読んでいて感じたのですが、この作品を一言で言い表すならば・・・。

「大周天」ではないでしょうか?

非常に抽象度の高い情報空間に機能音源の力を借りてアクセスし、とてつもなく膨大なエネルギーを得る。

それを自分なりのやり方で、自分を含めたより多くの他者の為に用い、自由で、幸福で、平和な現実を創り出してゆく・・・。

拙いかもしれませんが、僕はこのように感じました。

Like
bottom of page